So-net無料ブログ作成

スターバックス(米国)の従業員への学費支給について [大学教育について]

スターバックスが週20時間以上勤務している店員に、アリゾナ州立大学での学費を支給、条件に合えば全額支払うという月曜日の発表。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/17/starbucks-student_n_5505258.html

アメリカ本社の報道は以下。(英語。ビデオ付き)
http://www.starbucks.com/careers/college-plan

しかし日本の報道(ハフポストは朝日の記事)は、なぜこうも企業発表の通りなのか、はなはだ疑問。

この問題の根底にあるのは、1)アメリカの学費の高騰、2)州立大の財政問題。そして、3)制度の適用範囲が狭いことも指摘しなければならない。

1)アメリカの学費高騰は正直、ふざけているほど。スタンフォードは学部生で年間42000ドル、州立大学でも(私の母校)イリノイ大学は非居住者で27000ドル。これに寮費や諸々の出費がかさみ、アメリカの学費ローンの残額は現在、1.2兆ドル。貧富の差が固定化され、アメリカ社会の流動性に深刻な影響を与えるおそれがある。給付の奨学金制度だけでまかなえる問題を越えている。
http://www.forbes.com/sites/specialfeatures/2013/08/07/how-the-college-debt-is-crippling-students-parents-and-the-economy/

2)今回スターバックスはアリゾナ州立大学とのパートナーシップを選択した。この背景には、加州も同様だが、州立大学の困窮がある。教員給料も下がっているところは燦々たる有様と聞く。助教授の給料4万ドル台とか。

3)しかし、一大学の、それもオンラインでの学位取得に限定するということが果たして正しい選択なのか?以下のコラムもその問題を指摘する。(ただし、これまでの店員への給付型学費補助は額が低いので、その廃止と今回の制度導入のバランスを問えるかは微妙。)
http://www.msnbc.com/msnbc/starbucks-offers-employees-free-tuition-arizona-state-university-online

ということで、朝日新聞でも他社でもいいので、この問題を是非深掘りして、アメリカの暗っらいところにも日を当ててください。