So-net無料ブログ作成
検索選択

大学院・研究者を目指す人へ [大学教育について]

長崎大・天野先生の翻訳です。研究者に広く共有されるべき内容です。
大学院、とくに博士課程に入ったあとの心構え。私が博士に入ったとき、刑法を専門とする研究科主任から「耳をふさぐ技術を身につけろ」と言われたことを思い出しました。

本気の論文は1年1−2本でよい、いやいや二流の論文を出すことを恥ずかしがってはいけない、重要性を間違って判断してしまうこともあるのだ、という2人の論争点も面白いですね。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~masaoamano/Masao_Amanos/for_future_graduate_students.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。