So-net無料ブログ作成

今学期のゼミ [雑感]

後期の始まり、ゼミ教材の選定です。

2年生と3年生。色々考えたのですが、

2年生(今学期から開始)は少し教科書を扱ったあとに、船橋洋一先生の『21世紀地政学入門』にしました。これは今の世界情勢をみるために必要な視角を提供してくれます。さすがだと思います。そのあとに『貧乏人の経済学』の一部や地域紛争の本、日本の安全保障の論文などを少しずつ扱おうかなと思います。

毎週、新聞記事報告というエクササイズもします。これについては、神奈川大のJINDAI STYLEという雑誌のゼミ紹介で書いてもらったことがあるので、もしご関心のある方は今年春の同紙を大学HPから呼んで頂ければ。ビブリオバトルと並び、ゼミ名物としています。

3年生のゼミは、夏休みの宿題として「シンゴジラ」鑑賞。そのあと、瀧野記者による『沈黙の自衛隊』を読み、白樫三四郎「集団の愚かな意志決定」(グループシンク・集団的浅慮に関する論文)を読んだ後に、古典にチャレンジということで、キューバ危機に関する名作『決定の本質』の新訳をやろうと思います。

防衛政策とその政策決定(とくに危機管理)について勉強する、というのが底流に流れるテーマです。

3年生は前期に多様なテーマの新書を読み、アクティブラーニング方式(教授は後ろから見守る)ひたすら議論するということをしました。基礎体力もできてきたので、専門書に挑戦です。

よいゼミになりますように。

---
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校での講演写真を学生が送ってくれました。o(^-^)
聴衆との距離がある時は歩いて近づく、というクセがよく分かります笑

P1019690 (2).jpg

P1019694c.jpg