So-net無料ブログ作成
検索選択

突風のような米中の軋み [雑感]

前回の投稿と矛盾するようですが、今週は中国にとって最悪、としかいいようのない週です。

北朝鮮制裁で手ぬるいと批判され、人権報告書では北朝鮮と同じレベルに格付けされ、そして台湾への14億ドルの武器売却を国務省は議会に提出しました。怒濤の三連発です。

0630.png

ただ、これをどうみるべきか。

今週に研究会に来てもらった、あるアメリカ専門家は「変節点を超えた」と表現しました。

そのときには、私は7月こそ本当の正念場ではないか、とは答えたのですが(ここで大きく譲歩を引き出すための交渉材料としても圧力を強めているとの解釈)、その専門家の表現はもう後戻りできない(すなわち中国を見限った)ということを意味しています。

どちらなのか。

まだ分かりません。アメリカのビジネス、銀行や一部産業はまだ中国に利益がありますし、中国のアメリカへのFDIは400以上の選挙区に入っていると言います。

ただ、米中のバランスがどうも中国優位のペースになっていることへの危惧が、このような動きを作っているとは言えそうです。

誰が絵を描けているのか、それは全く分かりませんが。

他方では、第4のコミュニケとか、一つの中国政策の見直しとか、逆方向のことも噂されるなか、結局はいつも通りの潮目変化もあるかもしれません。。。分析のしようがない話です。

それにしても、今回のトランプの、女性キャスター批判はひどいものです。
いかに主流派メディアが嫌いでも、顔の整形措置をしたことをこういう風に批判するなど、人格を疑います(いまさら疑うのも何ですが、そういう日本語しかないのでしょうがない)。

06301.png

結構好きなイラストに、こういうものがあります。トランプの被害者の皆さまというものですが、女性、共和党、アメリカ(アンクルサム)、そして地球(気候変動に関するパリ条約の破棄)が並んでいるとパリ条約に関する決定を非難したものですが、、、女性こそ最初に並んだ「被害者」として相応しいと、改めて思いました。
IMG_0311.JPG