So-net無料ブログ作成

悪化する対米認識 [雑感]

トランプ政権の誕生によって、明らかに世界のアメリカをみつめる視線は厳しさを増しています。

アメリカのピューリサーチは、6月下旬に最新の調査を発表しています。

好意的な見方が増えたのはロシアとイスラエルのみで、基本的には調査国でおしなべて減少傾向が見られます。(欧州、韓国、日本に比べると、フィリピン、インド、ベトナムが若干下がり幅が小さいです。)

PG_2017.06.26.US_Image-00-1.png

なお、調査は2月から5月にかけて行われており、どちらかというと、第一印象から、序盤の政権運営の混乱にかけて、というところです。

PG_2017.06.26.US_Image-00-3.png

ピューは、この傾向は特に西ヨーロッパ諸国に限定して、ブッシュJr政権と似ていると分析しています。

おそらく、それは表面的なデータの話であって、ブッシュ政権期に問われたのは「テロとの戦い」の合法性やアメリカの軍事介入のあり方でした。今は、アメリカそのものの信頼性、価値観、国際秩序へのコミットメントがより根深く問われていると思います。

そのあたりは、一般的な世論調査に加え、各国の政治エリートやオピニオンリーダーの調査も必要かも知れません。その点については、3月にパイロットを行った、今後3年間展開する私たちの研究プロジェクトで追求していきたいと思います。

この調査でほかに面白いことは、若者がよりアメリカへの好意的な見方を示していると言うこと。この傾向が多くの国に共通していることは興味深いです。

PG_2017.06.26.US_Image-01-1.png