So-net無料ブログ作成

5-6月前半にかけてのお仕事 [雑感]

更新をせずに、あっという間に6週間も経ってしまいました。
(日々の研究関連の発信はツイッター@ryo384_irもやっています)

4月の上海に続き、5月にはイラン、6月前半にはヨーロッパ各地(ローマ、ブダペスト、パリ)に講演で出向きました。どちらも北朝鮮、中国の話(もちろん、米国、日本の対応を分析しつつ)をしてくるのですが、北朝鮮への関心が高まっているなか、質問が矢継ぎ早にくることを経験してきました。テヘランでは外務省研究所、ローマではイタリア国際関係研究所(IAI)、ブダペストはコルヴィヌス大学、パリではFRSとifriにそれぞれ訪問、またメディア展開も欧州では活発に行い、現段階で5,6個の記事・出演になっています。

パリでの経験は鮮烈で、Web記事の取材ということでラジオ局に行ったら、(なぜか)収録スタジオ(RFI)に通され小一時間収録。終わったら(なぜか)一階下のテレビ局(France 24)に連れて行かれ、「ちょうど良かった、安倍訪米のニュースを流すので20分後に生出演しろ」となり、化粧をされて出演。すべて事前の質問提供なし。というか、その建物に偶々いただけというものです。

34707586_10160478873620582_7826946837415198720_n.jpg
↑Web記事の取材なのに、なんでスタジオなんだろ、記念写真とっとくか、という段階

34687003_10160478873155582_4615613465371869184_n.jpg
↑ラジオ収録後、テレビスタジオに化粧されて放り込まれ、生放送で話している

びっくりです。(けど普段から、質問されるテーマでは研究しています、念のため)

6月にかけて、経団連タイムズ、朝日新聞(東大・中央日報との共催国際会議)、毎日新聞、BSジャパン、NHK(国際放送、ラジオ)などで北朝鮮の話をさせていただきましたが、

聞き逃し(NHKラジオ 6月13日)

実はそれ以上に専門に近く、また気になっている中国(およびロシア)による国際秩序への挑戦について、『中央公論』7月号に鼎談を12ページにわたり掲載して頂きました。これは自信作です(一文字、タイポを発見しましたが、すいません)。

74a18e4fcc6fe93ef332b52cfc78fd0955d037ed.jpg

またG7サミット後のトランプによる合意離脱を受けて、共同通信さんから地方各紙に向けてコラムも配信頂きました。採用されるといいなと思います。

崩れていく秩序、すなわち北東アジアの安全保障秩序も世界大のリベラルな国際秩序の両方とも、大きな再編へと向かうのでしょう。その際に、日本を取り巻く状況がどう変わるのか、日本はどうすべきか、生活者への影響はどうなのか、今後も発信、なによりその前提になる、研究には一所懸命に取り組みたいと思います。

なお、英語論文もEdward Elgerという英国の出版社からでた編書に1編収めたものが届きました。
“American Power in Japanese Security Strategy,” in Andrew O’Neil and Michael Heazle (eds.), China's Rise and Australia-Japan-US Relations: Primacy and Leadership in East Asia, London: Edward Elger, 2018, pp.143-166.