So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の集中講義 その2(メキシコ自治工科大学) [遠征日記]

メキシコに来ています。「吉田茂チェア」という通称がつけられたメキシコ自治工科大学(ITAM)に設けられた客員教授職です。(私の場合は客員准教授,ですが汗)

このポストは北岡伸一先生,河東哲夫大使も務められており,国際交流基金の支援を受けています。

3週間弱,ITAMに滞在。日本とアジア太平洋の国際関係を21時間講義(日本の大学の2単位に相当),またメキシコの将来の外交官を育てているマティアス・ロメオ研修所,メキシコ国立自治大学(UNAM)での講演が仕事です。

【ITAMのキャンパス】
11885165_10155938255960582_3318481409892742393_n.jpg

ITAMは,メキシコを代表する私学の雄。4千人強の在学生は,卒業率4割という過酷な状況の中,必死に勉強をしています。UNAMはマンモス大学なので,こちらの方に聞いてもだいぶ異なったイメージです。

【UNAMの中央図書館】
11880386_10155916405135582_4683394761732751859_n.jpg

スペイン語圏,中南米は初体験。大学の教室中では英語で何の問題もないのですが,一歩外に出ると,スペイン語一色。ここまで容赦なく英語が通じない環境は初めてです。。

現在10日目なので,とりあえず挨拶はスペイン語で,Hola!とか,Gracias!が自然と口から出てきますし,メキシコをメヒコ!と言うようにはなりました。

講義は3時間を7回というハードスケジュール。学生も秋学期が始まっているので,私のいる2週半のあいだだけ,普段の講義に加え,かなり余計に授業に出ることになります。

それでも,35名ほどの学生は時間をやり繰りして出席しています。

まあ,午後4時開始の授業は4時10分にならないと人数がそろわず,休み時間を15分取ると30分しないと帰ってきませんが。。。受講態度はいたってよく,プレゼンや質問も相当にレベルが高いので,こういう時間感覚の違いは文化の違い,と割り切っています。

時間の違いと言えば,食事の時間が全く違います。これは本当に衝撃でした。

朝食=9時とか(もっと遅い場合も。7時とかに食べている人は何かの用事がある場合)
昼食=2時から2時半に開始
夕食=結果,とても遅い

それでいて食事が肉,肉,肉なので,そりゃ,,,太ります。メキシコ人のメタボ比率はかなりのものです(男性)。

子どもの肥満も問題なようで,これはコーラなど清涼飲料水やお菓子の影響のようです。

【けどタコスもステーキも抜群に美味しいので困ってしまう】
11951864_10155938188530582_6781754999288408209_n.jpg

授業では,先週の最初の3回(9時間)をかけて日本外交やアジア太平洋の国際関係について基礎的な内容を概説。基本的にアジアについて知識がかなりないのでじっくりと講義しました。

しかし理解力が半端ではなく,今週から新聞記事をもとにした7分間でのグループプレゼンを授業の冒頭にさせているのですが,とても素晴らしいプレゼンばかりです。要点をきっちりと理解したことが明確に分かります。

今週にはちょっとしたロールプレイを取り入れて,日本やメキシコの外交官になったつもりでディスカッションしてもらう予定なのですが,とても楽しみな感じです。

---
メキシコシティにはアートも,人類の遺産もあふれています。シケイロス,リベラなど巨匠の作品が街に点在しています。すごすぎます。

【ポリフォルム シケイロス 撮影禁止の、内部の壁画『人類の行進』の素晴らしいこと】
11880673_10155938188185582_122128013900768592_n.jpg

【リベラによるメキシコの歴史,国立宮殿の一枚】
11880611_10155938188055582_2235671992676622234_n.jpg

【太陽の石】
11951752_10155938187905582_1705412130407871941_n.jpg

たしかに治安は気をつけなければいけないですし,水や食べ物にあたる確率もかなり高いとは言われています(運良く,まだ当たっていないですが)。

それでも,これほどの文化,高等教育のレベルの高さに触れることが出来て,来てよかったと思う毎日です。スペイン語をもう少し,勉強してから来れば良かったと,それだけは後悔です。

【全く読めない,今晩の講演のポスター】
invitacionjaponitam2.jpg

夏の集中講義 その1(一橋) [雑感]

夏の集中講義@一橋大。

「アジア太平洋の安全保障秩序の歴史と展望」で英語講義、3コマ連続270分。

質問を受けながら、基本しゃべり倒しました。

11794243_10155862757285582_7422935937318518653_o.jpg

朝7時45分の都内朝食会から国立への移動だったのですっかり疲れてましたが、学生の理解がよいのは助かりました。まあ事前リーディングをしてないのが大半なので結局講義を貫いたわけですが。

質問を聴いてると、一橋の気風がちょっとわかって面白かったです。

結構授業のあとも色々な学生が質問に来て,ようやく終わって帰ろうと校門のところで学生と別れたら,たまたま他の学生につかまり,結局立川まで話しながら帰りました。

皆さん勉強熱心,議論好きで感服。けど,それなら事前リーディング読んできてよ。

夏の集中講義,つぎは@メキシコです。

キャンベラ,シドニーへの冬の旅 [遠征日記]

久しぶりの豪州出張。1年半以上,この古巣キャンベラには来ていませんでした。

南半球はです。[雪]

そしてキャンベラは相変わらず,のどかな田舎です。キングストンの畔にちょっとしたウォーターフロント的な,まあレストランが10近く並ぶ(だけの)通りが去年できたのですが,今回会った友人すべてが「最近いいとこできたんだよー」と誘ってくる,ほどの田舎です。(結局2回行きました。)

今回は国防省,オーストラリア国立大,外務貿易省の順でそれぞれ30名くらいのセミナーを開き,成果報告会をすることが目的。それは集客の面でも,議論の盛り上がりの面でも十分な成果を上げたと思います。

役所で幹部級が10名以上でてくるのは日本では考えづらく,主催者のTow教授の影響力の大きさはわかるのですが,「えっ,下っ端が出てきてメモを後で読めばいいのでは」という知的な議論をさして楽しまない雰囲気のある日本との違いをはっきりと感じます。

到着当日は時間もあったので,戦争記念館を久しぶりに訪れ,シドニー湾をかつて攻撃した日本の潜水艦を眺めたり,相変わらずさらっと「日本軍によりおよそ160名の負傷者が虐殺された」などと書いてある展示などをみていました。(第二次大戦中の東南アジアでの激しい戦闘,また日本軍による戦争捕虜の扱いは日豪のもっとも機微な部分です。別に総理が演説で一度謝ったからといって何でも変わるものではありません。)
FullSizeRender-4.jpg

キャンベラの締めくくりは,こちらに滞在している友人一家にお呼ばれして,三人のお子さんとの賑やかな夕食。6年前に博士研究員をしていたとき,もっとも世話になった夫妻で,当時0歳児だった子と会話が出来るようになって,感動。あのつらい冬を乗り越えられたのも,この一家のおかげでした。懐かしの手料理を食べさせてもらい,痛飲。

キャンベラでの日程を終えて,シドニーにプロペラで移動です。この空路は3回に1回はプロペラな気がします。
FullSizeRender-3.jpg

アメリカ学部留学時代の友人が,今はこちらで弁護士になっているので,食べ歩き,飲み歩き。シドニー湾のロブスターに,ANGUSビーフ。

シドニー随一のウィスキーバーでは,日本のウィスキーが有名ブランドから新興ブランドまでそろっていて,さらに人気。とても誇らしいものです。
IMG_2520.jpg

シドニー空港で,もはや擬人化しているコアラを写真に収めて,帰国しました。往復ともJALは満席。修学旅行の学生が多いのが原因のようです。古い機体なのか,座席はプレミアムエコノミーであったにもかかわらず,とても窮屈。リクライニングしないタイプの座席(一時期はやりましたよね)は本当にとっとと取り外して欲しいものです。
FullSizeRender-2.jpg

今回の旅で感じたのは,オーストラリアドルの安さ(1ドル90円)。これは旅行者としてはありがたいのですが。物価は相変わらずで,高いものは高く,水は500mlのペットボトルで2.5ドル(225円),ワインもグラスで17ドル前後(1460円)はします。食事はそこまで高くなく,税込み表示で40-60ドルで相当よいものが食べられると考えると,アメリカより少し安く感じます。

アルコールが高く,ウィスキーのワンショットもそこそこのもので17ドルくらい平気で取られるので,それはつらいのですが。ビール飲むしかないですね,本当に。

***
帰国すると,宅配BOXには冬に刊行する単著のゲラが到着。時間の無駄のないこの展開はよいものの,250頁弱の本文,そして761の注をみる校正の大変さに,今は少し身震いしています。

FullSizeRender.jpg