So-net無料ブログ作成

キャンベラ,シドニーへの冬の旅 [遠征日記]

久しぶりの豪州出張。1年半以上,この古巣キャンベラには来ていませんでした。

南半球はです。[雪]

そしてキャンベラは相変わらず,のどかな田舎です。キングストンの畔にちょっとしたウォーターフロント的な,まあレストランが10近く並ぶ(だけの)通りが去年できたのですが,今回会った友人すべてが「最近いいとこできたんだよー」と誘ってくる,ほどの田舎です。(結局2回行きました。)

今回は国防省,オーストラリア国立大,外務貿易省の順でそれぞれ30名くらいのセミナーを開き,成果報告会をすることが目的。それは集客の面でも,議論の盛り上がりの面でも十分な成果を上げたと思います。

役所で幹部級が10名以上でてくるのは日本では考えづらく,主催者のTow教授の影響力の大きさはわかるのですが,「えっ,下っ端が出てきてメモを後で読めばいいのでは」という知的な議論をさして楽しまない雰囲気のある日本との違いをはっきりと感じます。

到着当日は時間もあったので,戦争記念館を久しぶりに訪れ,シドニー湾をかつて攻撃した日本の潜水艦を眺めたり,相変わらずさらっと「日本軍によりおよそ160名の負傷者が虐殺された」などと書いてある展示などをみていました。(第二次大戦中の東南アジアでの激しい戦闘,また日本軍による戦争捕虜の扱いは日豪のもっとも機微な部分です。別に総理が演説で一度謝ったからといって何でも変わるものではありません。)
FullSizeRender-4.jpg

キャンベラの締めくくりは,こちらに滞在している友人一家にお呼ばれして,三人のお子さんとの賑やかな夕食。6年前に博士研究員をしていたとき,もっとも世話になった夫妻で,当時0歳児だった子と会話が出来るようになって,感動。あのつらい冬を乗り越えられたのも,この一家のおかげでした。懐かしの手料理を食べさせてもらい,痛飲。

キャンベラでの日程を終えて,シドニーにプロペラで移動です。この空路は3回に1回はプロペラな気がします。
FullSizeRender-3.jpg

アメリカ学部留学時代の友人が,今はこちらで弁護士になっているので,食べ歩き,飲み歩き。シドニー湾のロブスターに,ANGUSビーフ。

シドニー随一のウィスキーバーでは,日本のウィスキーが有名ブランドから新興ブランドまでそろっていて,さらに人気。とても誇らしいものです。
IMG_2520.jpg

シドニー空港で,もはや擬人化しているコアラを写真に収めて,帰国しました。往復ともJALは満席。修学旅行の学生が多いのが原因のようです。古い機体なのか,座席はプレミアムエコノミーであったにもかかわらず,とても窮屈。リクライニングしないタイプの座席(一時期はやりましたよね)は本当にとっとと取り外して欲しいものです。
FullSizeRender-2.jpg

今回の旅で感じたのは,オーストラリアドルの安さ(1ドル90円)。これは旅行者としてはありがたいのですが。物価は相変わらずで,高いものは高く,水は500mlのペットボトルで2.5ドル(225円),ワインもグラスで17ドル前後(1460円)はします。食事はそこまで高くなく,税込み表示で40-60ドルで相当よいものが食べられると考えると,アメリカより少し安く感じます。

アルコールが高く,ウィスキーのワンショットもそこそこのもので17ドルくらい平気で取られるので,それはつらいのですが。ビール飲むしかないですね,本当に。

***
帰国すると,宅配BOXには冬に刊行する単著のゲラが到着。時間の無駄のないこの展開はよいものの,250頁弱の本文,そして761の注をみる校正の大変さに,今は少し身震いしています。

FullSizeRender.jpg