So-net無料ブログ作成

単著の出版 [雑感]

12月に初めての単著を出します。
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b213094.html

こんな表紙をする予定です。(怒られたら写真を外します。)
共存の模索表紙.jpg

東亜 2年間の連載サイクルの終了 [雑感]

東亜(霞山会)の冒頭コラム,コンパスでの連載が終了しました。

見開き1頁のコラム,それも3ヶ月に1本で,うち1年間は在外研究中であれば大丈夫だろうと思って安請け合いしたものの,本当に大変でした。文体をわかりやすく,多くの人に読んでもらえることを心がけたので,論文以上に手間のかかるところがありました。しかし通して読んで頂いても,この2年間のアメリカを様々な角度から考えられる素材になっているのではないかと,(ちょっとだけ)自負しています。

自分たち若い研究者に出来ることは,推敲を重ねて文章を書くこと,同世代と研鑽を重ね,先輩研究者から一つでも多くを学び取っておくこと,につきると思っています。勘違いをしてはいけない,自戒を込めてそう思います。

「アメリカ外交の自画像と国際秩序の将来」『東亜』(霞山会),2015年11月号,4-5頁。

「進化するアメリカのアジア安全保障協力とその限界」『東亜』(霞山会),2015年8月号,4-5頁。

「キューバとの和解とオバマ外交の遺産作り」『東亜』(霞山会),2015年5月号,4−5頁

「アメリカ社会の新しい多様性」『東亜』(霞山会),2015年2月号,4-5頁。

「アメリカはどこまで価値観の違う中国を許容するか」『東亜』(霞山会)、2014年11月号。

「批判される『オバマ・ドクトリン』と『普通の国への憧れ』」『東亜』(霞山会)、2014年8月号、4−5頁。

「ミシェル・オバマは中国で何を語ったのか」『東亜』2014年5月号。

「アメリカ外交はどこに向かうのか」『東亜』2014年2月号。

IMG_3091.jpg

仙台,日本国際政治学会 [遠征日記]

10月は,中旬に南京,月末に仙台に出張でした。南京についてはコラムを書くので再掲するとしまして,ここでは仙台を。

日本国際政治学会の全国大会,部会ASEAN共同体の形成で討論者を務めました。
とても豪華なパネルで,報告はアジ研の鈴木先生,九大の清水先生,東大の川島先生,討論は青学の山影先生,慶應の中山先生,司会は東京理科の大庭先生とスター勢揃いです。なぜかここに討論で入れていただけました。

パネルはとても勉強になるもので,基礎に何年も続いた研究プロジェクトがあると,しっかりとしたものがでてくる,と当然のことを思い知らされます。もう少し気の利いたコメントが出来ればと,後悔しました。

東アジアの広域秩序形成は博士論文後の主要テーマ,とはいえまだ6,7年ほどしかやっていないので,自分の中で不足しているものが多すぎです。博士論文をようやく年末に書店に並べられるので,あと5年でこちらも形にしていきたいと思います。

IMG_3002.jpg