So-net無料ブログ作成
検索選択

自著を語る [雑感]

以下,東大のアジア研究の情報ネットワークへ寄稿した「自著を語る」の転載です。

ASNET(東京大学日本・アジアに関する教育研究ネットワーク)メールマガジン No.572(2016/1/8)

佐橋亮『共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史』を語る

 本書を通じて,今まさに注目が集まっている米中台関係の基本構造の解明につなげようとした。帯にあるように,「超大国アメリカの葛藤」こそがテーマだ。
 本書は冷戦華やかなりし頃の1948年から,米中接近そして国交正常化に至る78年までの激動の30年を一貫した枠組みで説明しようとした。対置されるのは,キッシンジャーやブレジンスキーによる,大国政治こそ重要で自分たちが対中接近でそれを成し遂げた,台湾問題は重要でなかったとの誇らしげな回想である。
 しかし,アメリカは(米中接近の遙か前の)台湾海峡危機や核開発,ベトナム戦争に際して中国との不要な衝突を避け,中ソ対立に目配せし,政策転換を公に訴えるなどリスクを避ける賢明な道を探ろうとしていた。それがタイトルの「共存の模索」だ。台湾の国府は軍事行動や財政に干渉され,行動を抑制されていた。
 アメリカは他方で,国府との関係が自らの信頼性に係わることを理解していた。それは米中接近後も変わらない。ニクソンは世間に隠して密約を多く与えた。カーター政権の国交正常化は政治スケジュールを重視した拙速な交渉姿勢と,鄧小平の誤解によって成立した。それは台湾関係法によって揺り戻され,中国に大きな不信も残し,現在の台湾問題,米中不信の源流を作り出している。
 史料は全米を行脚し集めた。最も感動したのは,国交正常化交渉に直に携わった二名が密かに50時間にわたって録音したテープの存在に気づき,遺族から特別にアクセスを許されたことだった。筆写で持ち帰ったノートは今でも宝物だ。

勁草書房 2015年12月刊
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b213094.html

アメリカと神奈川(横浜&小田原)で仕事始め  [遠征日記]

今年の仕事始めは5日からの北米出張[飛行機]

NYCに一泊してからDCに移動[バス],フォーリン・アフェアーズで知られる,世界を代表する研究機関の一つ,外交問題評議会(CFR)でワークショップを開いてもらい,出版までこぎつけた日本政治と外交政策の拙編著Looking for Leadershipを説明

その後二日間,たまたま核実験後という状況のなか,北朝鮮を素材にして戦略アプローチを議論。日米若手/中堅をハーバードのローゼン教授,プリンストンのフリードバーグ教授の大御所2名が束ねるスタイル。北朝鮮の不確実さは厄介だと言うことを痛感。

帰国して勤務先で拙著『共存の模索』の内容を同僚に対して報告,レベルの高い質問と議論に。とても面白かったです。最近読んだ本に,専門分野が同じ人の場合,専門分野が異なるが研究者の場合,一般の方の場合と,三つの場合にそれぞれどのように話すべきで,何を互いに持ち帰るべきかも考えよう,という話があり,それを色々なところで実践中です。色々な形で刺激を互いに吸収して,Win-Winを作りたいものです。(この本は研究者諸氏に強くオススメできるものです。)

そして今週木曜は,今学期最後の講義をしてから小田原に移動して[新幹線]

日米の若手/中堅だけで行う,CSBA(米戦略予算評価センター)主催の知的エクササイズのワークショップを2日半じっくりと。内容はすべてオフレコですが,戦略的発想と予算作りを連動させることの重要性を勉強するよい機会になりました。

軍事からの発想を吸収する素晴らしい機会に恵まれることも増えてきました。色々と吸収して,バランスをとっていければと思っています。

【上空から撮影したマンハッタン
IMG_3173.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。