So-net無料ブログ作成
検索選択

スタンフォードとの共催会議 [雑感]

ニューヨークからの帰国後は毎日のように、昼間に横浜と国立(一橋大)で講義、夜に東京で研究会のようなパターン。さらに夜に懇親会など。時差ぼけを感じる暇もありませんでした。

大切な友人の帰国だったり、今後の研究の相談だったり、久しぶりにお目にかかった海外の著名な方であったり、どれもが素晴らしかったのですが、一番大変で、同時に一番充実感のあったものは古巣・スタンフォード大学アジア太平洋研究センターと共催した国際会議です。

IMG_3797.JPG

カール・アイケンベリー(元アフガン大使、アフガン司令、陸軍中将)さん、マイケル・アマーコスト(元駐日大使)さんを核として、在日米軍や防衛省に派遣されている軍人、米大使館の面子を含めた20数名のアメリカ人部隊を、自衛官、多くの先輩・安全保障研究者、各省の室長クラスの方々で迎え撃ってもらいました。

このアレンジを、客員先のJCIEのF君と二人で必死に回した日々でした。久しぶりのロジ、という感じです。内容面でも、日米同盟の期待と現実、というタイトルの通り、たとえば同盟調整メカニズム(15ガイドラインで策定)や集団的自衛権をめぐる本質的な批評がでたり、普天間はじめ米軍基地の機能、防衛装備品調達などでも本質的な議論ができました。日米の対中認識のズレなども滲み出ていました。

翌日は、さらにアメリカ側のために会合をセット、締めくくりは石破大臣との議員会館での40分超にわたる議論でした。もちろん内容の詳細は書けませんが、石破先生の話は論理的で、また迫力があり、とても面白いものでした。

一〇年前、私が山本理事長のアシスタントをしていたとき、大きなロジはキッシンジャー博士の訪日同行でした。そのときにも石破先生とキッシンジャー博士の対話を目の当たりにしました。石破氏はそれ以外に面会した議員(多くは外交通で今でも偉そうな顔をしています)との格の違いをみせつけていました。福田元首相(当時は就任前)はさすがに同様に素晴らしかったのですが。

IMG_3799.JPG

今回の色々な機会を通じて感じたのは今の日米同盟の評価。おそらく現行憲法、安保条約の範囲内ではほぼ限界まで達成したのではないか。そのような意見に対して、いやまだできるという説を展開する人もいたということ。このあたりはよく考えていくと面白そうです。「平時からの競争」に求められるのは軍事的側面だけではないため、その意味での余地はまだあるのですが、制度としての同盟の中核にある軍事面では私もほぼ現行の枠内の限界という説が正しい気がしています。

これでほんの少しだけ一息を入れて、月末にクアラルンプールのアジア太平洋ラウンドテーブルへ出張です。この会議はマレーシア政府主催で、数百名が集うかなり大きめの会議ですが、今回は中国・朝鮮の代表と三人でパネルを組む、という何とも言えないミッションを帯びての登壇となります。。。

6−7月は出張もなく穏やかな日々を過ごせそうなので(日米でのシミュレーション1回くらいはあるにせよ)、あと一踏ん張り。

Yale大学 [遠征日記]

連休のもう一つの出張はイェール(Yale)大学に。ニューヘブンは久しぶりです。

さあ楽しむぞ、と気合いを入れていたら、まずJFK空港での入国審査の長蛇の列、列、列[ふらふら]

長さのわりに1時間で抜けられましたが、そこからコネチカット州までは車で90分。12時間のフライトの後にこれは疲れます。

【主催のYale東アジア研究評議会が位置するヘンリー・ルースビル】
IMG_3788.JPG

現地では東大でお世話になったH先生、I先生、スタンフォードで一緒だったフィリップ、K君だけでなく、ゲーム理論など理論を研究する日米の先生方とはじめてご一緒できました。なにより全米各地のトップスクールで政治学を学ぶ博士課程の院生九名も土日のワークショップに同席し、日曜はお昼まで彼彼女らのプレゼンを聞くことが出来たのが最大の収穫です。

まだまだ「パズル」の設定が甘いのはいかんともしがたいですが、理論先にありきではなく、問題を先に特定しよう、そのためにまず頭を働かせ、本を読み、インタビューを続けるという姿勢には安心しました。

IMG_3792.JPG

月曜夜のフライトだったので、一足早くNYに向かい、友人や仕事関係の同僚と食事。もらったプレゼントがこれです。

FullSizeRender 17.jpg

「共和党員、民主党員、いや僕は怒っているんだ」(アメリカではどちらの政党支持者か独立という分類をするのが普通で、それを皮肉って今のバーニー・サンダース、トランプ両氏への支持が産まれる土壌、すなわちワシントン政治への不満をよく説明しています。)


久しぶりの台湾 [遠征日記]

久しぶりの台湾。

淡江大学国際戦略研究所の米中関係シンポジウムにお呼ばれしてきました。

IMG_3475.jpg

今回は2泊3日のわりに、丸1日シンポジウムにでればよく、時間の余裕が大きかったので多くの方とゆっくりと話して過ごすことが出来ました。

淡江大の修士課程で学ぶCさんは社会人経験を経て「国際戦略」を学びたいと入学。東南アジア出身、流ちょうな日本語も話します。それも独学。日本の安保政策に関心があると言うことでご飯を食べながら、また空港への往復の車中で大いに議論しました。大の日本酒ファンでした。

国立台湾大の修士課程で学ぶZさんは、政治大学からの進学。日本で私が係わっている学生セミナーに台湾から推薦されて短期派遣されてきた優秀な学生です。やはり流ちょうな日本語を話されます。将来の夢について、台湾について何回もご飯とお茶をして話しました。

二人とも日本への長期留学の経験はなく、旅行やホームステイ、日本人の友だちの存在で話せるように。中国語、台湾語を使い分けることで語学センスもあがり、外国語もどんどん使えるようになるのでしょうか。

そして、大学の先輩である新聞社支局長のUさん。美味しい客家料理をごちそうになりながら、台湾政治の機微を教えて頂きました。個人的に一番びっくりしたのは、変なキャラクターがビールジョッキをもっているイラストのTシャツ一枚で現れたこと。。。先輩、カジュアルすぎます、といったら台湾の記者はこんなもんだと笑っていました。

台湾に来ると、やはり一番落ち着きます。古い街並み、台湾のひとたちの気質がそう感じさせるのでしょうか。それに加え、治安の良さも大きいのかな、と学生と話していても思いました。

往復のJALはぎゅうぎゅうづめ。GW初日からの出張はそれは混んでいましたが、ま、よいことです。
夜市での食べ歩きも。今回は松山空港近くの饒河街夜市に。

IMG_3783.JPG

明太子味が卵焼きやピザでブーム中。
IMG_3774.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。