So-net無料ブログ作成
検索選択

今学期のゼミ [雑感]

後期の始まり、ゼミ教材の選定です。

2年生と3年生。色々考えたのですが、

2年生(今学期から開始)は少し教科書を扱ったあとに、船橋洋一先生の『21世紀地政学入門』にしました。これは今の世界情勢をみるために必要な視角を提供してくれます。さすがだと思います。そのあとに『貧乏人の経済学』の一部や地域紛争の本、日本の安全保障の論文などを少しずつ扱おうかなと思います。

毎週、新聞記事報告というエクササイズもします。これについては、神奈川大のJINDAI STYLEという雑誌のゼミ紹介で書いてもらったことがあるので、もしご関心のある方は今年春の同紙を大学HPから呼んで頂ければ。ビブリオバトルと並び、ゼミ名物としています。

3年生のゼミは、夏休みの宿題として「シンゴジラ」鑑賞。そのあと、瀧野記者による『沈黙の自衛隊』を読み、白樫三四郎「集団の愚かな意志決定」(グループシンク・集団的浅慮に関する論文)を読んだ後に、古典にチャレンジということで、キューバ危機に関する名作『決定の本質』の新訳をやろうと思います。

防衛政策とその政策決定(とくに危機管理)について勉強する、というのが底流に流れるテーマです。

3年生は前期に多様なテーマの新書を読み、アクティブラーニング方式(教授は後ろから見守る)ひたすら議論するということをしました。基礎体力もできてきたので、専門書に挑戦です。

よいゼミになりますように。

---
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校での講演写真を学生が送ってくれました。o(^-^)
聴衆との距離がある時は歩いて近づく、というクセがよく分かります笑

P1019690 (2).jpg

P1019694c.jpg

全米周遊 [遠征日記]

11泊をかけて全米8都市を回ってきました。米社会科学評議会(SSRC)のお仕事です。

1.ダーラム:Duke、ノースカロライナ大(チャペルヒル)
2.グリーンズボロ:ノースカロライナ大
3.ワシントンDC:Pew Research, New America, CRS, Wilson, WRI
4.フィラデルフィア:Pew Trust
5. デトロイト:都市視察
6.アナ—バー:ミシガン大
7.パロアルト:スタンフォード
8.サンフランシスコ:SPUR

今回は都市とコミュニティ再開発、人口問題の専門家2名を各地に紹介することが目的の旅で、僕の役割は基本的にステージマネージャー。色々あってノースカロライナでは2回ほど講演もしました。

そんな事情で面会先も都市問題・家族政策関係が多いため、学びの多い旅で、毎日が新たな発見の連続でした。Pewのリサーチ部門も本体の基金にも行けましたし(ゴージャスなオフィスです)、女性問題で高名な本を書いているジャーナリストにも会えました。

ノースカロライナ大学では上智での教え子が偶々交換留学で滞在しており、再会を喜びました。写真忘れてしまいました。グリーンズボロ校にも訪れ、こちらも素晴らしい学校で、日本クラブの学生たち(日本人ではない)に大歓迎されました。

移動ばかりで、7本・計34時間のフライトとなり、退院明けで辛いところもありましたが、同行者がいると色々と精神的にも助けられます。帰国した日から大学に出勤、後期開始です。プレゼミ3名という衝撃の人数だった佐橋ゼミ(←シラバスで脅しすぎた)は、無事に16名となりました。( ・∀・)

14390917_10157473099760582_4546672562181032351_n.jpg

Duke大学(南部でもっとも傑出した大学)
14370181_10157473100195582_6243041499652164978_n.jpg

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校 日本を学ぶ学生が多く、暖かいおもてなしをうけました
14359166_10157473100405582_403218120477823520_n.jpg

古巣・スタンフォード大学
14433098_10157473102960582_4000091926837252000_n.jpg

デトロイト GM本社 とりあえずデカい
14358894_10157473101770582_7006972247243000276_n.jpg

サンフランシスコで都市問題を扱うシンクタンクSPUR 自社ビルがあまりにかっこいい
14372306_10157473102425582_1746145802486857876_o.jpg