So-net無料ブログ作成

欧州知識人とトランプ外交を語り合う [雑感]

先週の日欧有識者対話でアメリカ新政権のアジア太平洋政策について、現時点での分析を提供する機会を頂きました。

乏しい資料、トランプ氏自身の「不確実に振る舞うことが敵への抑止になる」という考えもわかったうえで、学術的な推論を提供するのも研究者の役割と理解して、お話ししました。報告は英語ですが、以下はその骨子です。

その後、人事をめぐり迷走が続いていますが、私がお話しした「三つの問い」は当面、有効だと思います。(会議時点より若干修正しています。)

---

トランプ外交を予測することほど難しいものはない。トランプ氏自身による主要演説はニクソン・センター(現Center for National Interests)で行われた16年5月のものにすぎない。先週フォーリン・ポリシー誌にグレイ・ナバッロ共著論文がでたが、彼らや、マイケル・ピルズベリー氏の影響力も正直誰も分からないのではないか。

ここでは三つの問いかけをしながら、トランプ外交の性格を考えてみたい。

1.「アメリカ・ファースト」はグローバリズムを完全に否定する?

答えはYesアンドNoだろう。
一方で、アメリカ・ファーストは貿易では保護主義につながる懸念がつよい。それはトランプ氏の政策では国内経済、雇用問題が重要視されていることと直結している。それが「ラスト(さび付いた)ベルト」の票をつかむことにもなった。結果として、外交は重商主義的な商人外交の装いをもつだろう。自由貿易は危機に瀕する。

他方で、トランプ氏のニクソン・センター演説はアメリカが人道主義を維持すると述べており、リベラルな価値を全否定はしていない。問題としているのはオバマ政権期における介入主義であり、派遣の原則を打ち立てるべきと主張している。ワインバーガー/パウエル=ドクトリンではないが、介入主義の見直しを形にしていくことは十分にあるだろう。また、民主化、人権のための介入を前面に押し出すような外交も難しくなる。

2.同盟を見限り、前方展開を見直し、孤立主義に完全に動く? 

答えはNoだろう。同盟そのものを否定したことはない。どこまで参考になるかは未知数だが、グレイ・ナバッロ論文はアジアの同盟をアメリカの戦略的基礎とみている。中国の台頭に伴う環境変化のなかで、むしろアメリカに戦略的機会があり、リベラルな既存の秩序を守るとまで言っている。ただ、ピボットという用語はTPPとともに死んだ。

孤立主義にならずとも、多国間主義(マルチラテラリズム)は道具的な意味(いわゆるA la carte多国間主義)としても意味を失いはじめるのかもしれない。単独行動主義(ユニラテラリズム)が目立つだけでなく、あらゆる分野で2国間(バイ)での交渉を好むように動くのではないか。オバマ政権がアジアのマルチに全面的に参加した、この20年でも珍しい外交を展開してきたことと対照的な結果になるだろう。

3.トランプ外交はレーガン外交を目指す? 

これまで力重視(position of strength)の外交は示唆されており、軍の規模拡大を約束している。たとえば戦闘機は3割増強など。技術革新にも言及しており、サードオフセットに通じる言及もみられる。その意味で、グレイ・ナバッロ論文が言うように、レーガン政権の安全保障政策に近い形を目指すのかも知れない。

しかし二つのポイントがある。第1に、軍事予算の増額が思い通りに進まなかったときに、果たしてどうなるのか。軍事予算に限らないが、トランプ氏の政策綱領は予算がかかるものが多く、それは議会共和党で強まっている予算縮減の政治と衝突することになる。

第2に、トランプ外交はニクソン的な「リアリズム」を発揮し、ライバルとの交渉を好むのだろう。ロシア、中国が典型的な交渉相手として示唆されるところである。

オバマ氏も外交を好んだが、イランとの交渉をトランプ外交は否定するだろう。同じ外交交渉でも何が異なるのか。

オバマ大統領は、あくまでも紛争の平和的解決、核のない世界などリベラルな秩序の実現という目標にかなう限りにおいて交渉をおこなっていた。米中首脳会談など中国との対話強化もみられたが、それも国際ルールに中国を誘い込むための交渉だった。

他方で、トランプ氏の交渉はどうも様子が違う。特定の価値観や秩序を念頭に置かず、アメリカのその場その場での国益を得るためには交渉で取引をすればよい、という考えに見える。

これは非常に危険な結果をもたらしかねない。戦後国際秩序の根幹を揺さぶり、大国間での取引が中心で、ルールによる安定が損なわれた世界が登場することにつながりかねないからだ。

アメリカの覇権的な秩序に否定的な論者はリアリストを自任し、大国協調こそ中国やインドの台頭にともなった新しい世界の力構造で重要な秩序観だと主張してきた。しかし彼らは漸進的変化を考えていたのであり、アメリカが政策を急展開させ、秩序を突然揺さぶることのリスクをどこまで理解していたのだろうか。

トランプ大統領のトップ・アジェンダは何か?

さて、過去からの教訓を一つ紹介したい。カーター政権における在韓米軍撤退を覚えているだろうか。大統領の個人的イニシアティブではじまった、韓国からの撤退は官僚機構の強力な骨抜き工作により頓挫した。しかし、あまり知られていないが、同時期、米中正常化交渉にカーターは積極的に介入している。結果として米中交渉は成功したとは言えない内容となった。(拙著『共存への模索』を参照)重要な含意は、特定のアジェンダを実現させないように官僚機構が動いたとき、別のアジェンダで大統領の考えが強く反映されることもあり得る、ということだ。大統領の介入を全てにおいてはねつけられるほど、官僚機構は強靱ではない。

大統領と官僚機構とのバーゲニングがどのように行われてくるのか、我々は注視しなければならない。TPPはいの一番に否定された。その次は何が来るのだろうか。

最後に、日本についてだが、日本への要求は基地負担増にとどまらないだろう。自衛隊の役割任務の見直しが求められたり、防衛予算増額も視野に入ってくるだろう。日本としては、なによりもまず、核武装も日本が海外派兵することも困難であることを訴えつつ、現状の枠内で漸進的に、対中戦略での役割を訴えていくほかない。


箱根でのゼミ合宿など [雑感]

紅葉[もみじ]の箱根でゼミ合宿。

雨の強羅で、これまで一ヶ月格闘してきた『決定の本質 第2版』をさらに8時間。そして快晴、小春日和の日曜は、ケーブルカー、ロープウェイ、そして海賊船に。つぎの課題『失敗の本質』に向けて英気を養ってもらいました。2年ゼミも別の日に初コンパ。『神大一勉強していると言われるゼミになろう』と気勢を上げていました。厳しい指導でもついてくる良い学生に囲まれて楽しくやっています。

IMG_4131.jpg

今週は国際会議3つ、学務の会議も山のよう。そして金曜午後はスタンフォードのカール・アイケンベリー教授(陸軍中将、アフガン大使)のお供で目黒基地と市ヶ谷で様々な面会。合計☆16個(たとえば海将・空将で星3つ)という、なかなかない1日でした。最後はニュー山王の骨付きリブアイ・ステーキで締めました。

IMG_4119 (1).jpg

そういえば火曜のレセプションでお見かけした、ケネディ大使の革ジャン姿がかっこよかったのでシェアします。

IMG_4112.jpg

安倍トランプ会談は、『リアリズム』としては大金星。ただアメリカの人々が真にトランプを恐れているのはこの何十年ものアメリカの進歩主義の成果を彼をシンボルとした政治が否定していること。親日派の多く、良識ある人々の気持ちを今回の面会が傷つけていないことを祈ります。
(アメリカでは白人至上主義が言うまでもなく盛り上がってしまっています。)

トランプ外交へのコメントでは、畏敬する先輩、森さんの日経・経済教室が秀逸です。さすがとしか言いようがありません。政権内対立の予測含め、学術的推論も秀逸。マルチとバイの使い分け、ロシア巡る軍との対立など。台湾武器売却のポイントも個人的には注目してます。

おまけ:箱根・大涌谷では今も多くのガスがでていますが、ロープウェイから綺麗にみることができます。人体にはほぼ無害(のはず)です。
IMG_4126.jpg

トランプ外交へのコメント(7ヶ月前) [雑感]

そういえば、
4月に「トランプ外交」について、現時点でコメントして欲しいとフォーリン・ポリシー誌から依頼され、答えたものがありました。私のコメントを言い換えたものがタイトルになっているので、少しは役に立ったようです。

当時のブログ
http://ryo78.blog.so-net.ne.jp/2016-04-15

実際に掲載されたもの
http://foreignpolicy.com/2016/04/12/a-vote-for-trump-is-a-vote-for-china/

Removing some or all U.S. troops from Japan and South Korea and weakening the security alliance would reduce the stature of the United States in the region and “satisfy Chinese aims,” said Ryo Sahashi, an associate professor of international relations at Kanagawa University in Yokohama, Japan. Among the many consequences, it would strongly reduce Washington’s ability to talk Beijing down from its aggressive island-building in contested regions of the nearby South China Sea.


(下線部邦訳)日本と韓国から一部または全ての米軍を撤退させ、同盟を弱めることは、アメリカの存在感を弱めるだけなく、『中国の国家目標を満足させる』結果になりかねない

gettyimages-518188454.jpg

キッシンジャー氏のインタビュー [雑感]

日曜版の日経には、ヘンリー・キッシンジャー氏の1面インタビューが掲載されています。

十年前はじめてお会いし、1週間つきっきりでアテンドしたとき、様々なことを勉強させて頂いたことを思い出します。

キッシンジャー氏は冒頭、アメリカのおかれた立場を考えれば、国際主義からの離脱はあり得ないことを強調しています。

米国に『新・孤立主義』の選択肢はあり得ない。それは外交政策を知らない人たちの間で流行するロマンチックなファンタジーにすぎない(略)(リベラルな国際主義の)伝統を持ち、確立してきた国々は今後もそれを追い求め続けるべきだ。これが彼らにもしっくりと来るからだ。


さすがに面白いなぁと感じさせるのは、トランプ氏らもリベラル国際主義が自分たちの価値観に共鳴するに違いない、という後段の指摘です。

たしかにトランプ氏も、彼に投票したアメリカの有権者も、アメリカの価値観を信奉しているわけですから。

それを力で押しつけるか(ネオコンやリベラル強硬派)といえば、そうではない、とトランプ氏は思うでしょうし、キッシンジャー氏も軍事介入を戦略的必然にしたがって判断すべき、と最近のアメリカ外交をめぐる論争を皮肉っています。介入主義を修正した上でアメリカの価値観と国際秩序を摺り合わせられるのか、すなわちアメリカの力抜きで世界は安定、さらに正義を実現できるのか、それは実はオバマ政権(通称、オバマドクトリン)をめぐっても展開されてきた問題です。

インタビュー全文を読むことを強くオススメして、ここでは興味深い点をあと2点だけ紹介します。

多くの同盟関係はソ連が大きな脅威だった時代に生まれたものだ。今、新しい時代において脅威の内容は違っている。それだけ取っても、すべての同盟は再考されなければならない。新しい現実に立ち向かうため、前向きな意味で再考すべきだ、ということだ


同盟のポートフォリオをどう組み替えるべきか。これは簡単な問題ではないですが、トランプ・ドクトリンを予想し、それに備える時代の到来だと思います。

またアメリカの同盟国、パートナー国がどのように対応していこうとするのか、私たちは横にめくばせをするように研究・調査を進めるべきでしょう。

米中両国には文化的に大きな違いがあるだけに、それをいかにして成し遂げるのかは最も難しい課題といえる。そこには競争の要素もあるが、共存という重要な要素もある。その双方を心に強く留めておかなければならない


ありがとうございます。私の監訳書のタイトルは『支配への競争』、著書は『共存の模索』といいます

キッシンジャー氏には改めて献本差し上げたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

さておき、米中接近をニクソン大統領とともに切り開いたキッシンジャー氏は、最近米中関係を異なる二つの文明と捉え、折り合いをつけるのが難しいかも知れないという文化的視点を強調されています。

氏の『国際秩序』、『中国』という二つの近著では米中協調の方法論も書かれていますが、その根底にある問題意識が面白いと再び感じたところです。

Hillary_Kissinger_AP_img.jpg

FullSizeRender 19.jpg

「トランプ外交」についての資料紹介 [雑感]

なぜ予測がことごとく誤っていたのかなぜスイングステーツをことごとくヒラリーが落としたのか(なぜヒラリーがあそこまで嫌われて500万票以上落としたのか)、というのが政治学者にとって最初の問いであるべきだと思います。アメリカ政治について、民主党、共和党の変容でそれぞれ単著を、さらにビル・クリントンについて新書を出版された津田塾の西川先生の以下の論考は興味深いです。

IMG_4102.JPG

さて、外交がどうなるかは全く未知数です。このような報道を信じたい気持ちはなくもない、しかし匿名かつ自称の「トランプ外交顧問」に根拠は全くありません。

選挙当日にJapan Timesからインタビューを受け、三十分話したものが記事になりました。

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/11/09/national/politics-diplomacy/trump-policy-asia-remain-unknown-japan/

基地負担の増加だけが対日期待になるのではなく、負担共有から負担シフトの時代が本当に来るのであれば、防衛予算の若干の増額や国際任務への参加にとどまらず、日本の本質的な安保政策見直しが必要になるのかも知れないですね。

その意味では、外交第23号に掲載された、クリストファー・レイン論文(と私の解題)を今読み直すのも思考実験としては興味深いと思います。(Googleですべて読めてしまいます、よいのかどうかはさておき。)後段で記すように、孤立主義への回帰がすぐさま起こるとは思っていませんが、ベクトルは生まれてくるかもしれませんので。

実際にトランプから発信されている演説としては、ニクソンセンター(現在はCenter for National Interest)で行われたものがあります。

近い立場といわれるカリフォルニア大のナバッロ教授とグレイ氏のアジア太平洋政策の論考はこれです。

彼らはレーガンのように力の外交を取り戻す、とか言っていますが、ニクソンセンター演説のように「現実主義」かもしれない。いずれにせよ、ネオコン路線のように民主化推進という路線は予測としてあり得ない気がします。手法として力(パワー)がひとつの鍵になるのは間違いないところです。

しかし、レーガンもニクソンも、アメリカの国際主義は疑わなかった。そこには大きな違いが生まれてくると思います。ファイナンシャル・タイムズのギデオン・ラックマンは以下のように指摘します。

 ケネディのビジョンの寛大さと広大さ、力強さはトランプ氏の宣言――我々の計画は米国が最優先となり、グローバリズムではなくアメリカニズムが信条となる――の狭量な国家主義との悲しいコントラストを描く。この2つのビジョンの違いは計り知れないほど大きく、不吉だ。・・・ケネディ世代は大恐慌と第2次世界大戦から厳しい教訓を学んだ。あの世代は「アメリカ・ファースト(米国第一)」――米国を広い世界の問題から隔絶しようとする政策――が最終的に、経済と政治の大惨事につながったことを知っている。だから1945年以降、共和党、民主党双方の新世代の指導者たちは世界のために経済と安全保障の構造を築いた。


トマス・ライトも、トランプ氏の外交ビジョンの本質を「同盟関係への反対、自由貿易への反対、ロシアなど権威主義体制への支持」と指摘していました。

リベラルな価値観を実現し、そして世界に積極的にかかわろうとする国際主義の衰退。これは1945年以後の世界の根幹を揺るがすことになります。

すぐさま孤立主義に戻るとはいえないにせよ、アメリカの国益を狭く捉え直した上での単独行動主義(ユニラテラリズム)の復活、マルチよりバイでの交渉を好む姿勢などが予測できるのではないでしょうか。

金正恩を交渉できる相手ではないと考えていることが救いでしょうか。北の長距離ミサイル実用化はトランプの政権一期目の間に実現されると考えられていますから、この点では北東アジア諸国と足並みを揃えそうです。(賢明にも鍵とみている中国と、経済圧力が聞かない場合にどのような交渉をして、彼が何を交渉材料にしてしまうのか、という点に懸念は残りますが。AIIBへのアメリカ加盟なんて「簡単」な話でしょう。)

いずれにせよ、トランプ氏が情報機関も、核兵器も抑えるというのは何とも心配であるのは言うまでもありません。議会共和党との関係は未知数ですが、共和党は上下院両院を抑え、極めて強い基盤を持ち得ます。

そして、ジョージワシントン大学のサンダース教授が指摘するように、結局は大統領個人の信念が外交政策に強く反映されることは間違いのですから。

この点に関連して思い出すのは、カーター大統領です。よく知られている在韓米軍撤退構想は大統領個人のイニシアティブだったものの、ありとあらゆる政権高官が食い止めに走り、結局骨抜きにされます。他方、同時期に進んでいた対中国交正常化、そして台湾問題の処理は、すでに台湾に関して国際的関心が下がっていたこともあって、同じ同盟国、北東アジア安保の重要問題であったにもかかわらず、カーターの政策決定への介入がとても強かったのです。その結果何が起きたか。詳しくは拙著『共存の模索』で説明していますが、拙速な交渉のなかで条件を双方納得して詰め切れず、台湾への武器売却にいたっては誤解が国交正常化発表の前日まで残っていました。ウッドコック北京代表はどうせ台湾は自然に中国の手に戻ると(キッシンジャーばりの)発言するわ、鄧小平は納得せずに、あとで蒸し返すと捨て台詞を残すわ、ヒドいものでした。両国のコミュニケも中国語訳に意図的な誤訳を許すなど、アメリカはとにかく失敗しています。しかし、重要なのはこれは大統領の役割が大きい、ブレジンスキー補佐官もその範囲内で目立とうとしていたに過ぎないということです。

さあ、トランプ外交はどうなるのか。「ギングリッチ国務長官」?「アヨッテ(初の女性)国防長官」?「フリン国家安全保障担当大統領補佐官」?よくわかりませんが、大統領を側近たちが止める場合もあれば、それとひき替えに好きにさせるところもある、という教訓はカーター政権から学ぶことが出来そうです。

IMG_4098.JPG


アメリカが来年からも変わらず、懐の深いアメリカであることを祈りたいと思います。


スタンフォード日記のおまけ [スタンフォード日記]

昨年の今頃、勤務先のニュースレターに書いたものが今週活字になりました(驚)。
以下に記録のため原稿を転載したいと思います。在外で行っていた研究に評価を頂き、神奈川大学学術褒賞を受賞しました。研究と向かい合う姿勢に同僚、所属先から評価を頂けるとはありがたいことです。

在外研究で考えたこと
 昨年度、在外研究という,まったく自由な,研究のためだけに使える365日を与えられた。一年の間,大量に読み,意見を交わし,そして書く日々を過ごした。様々な分野と世代にわたる研究者とふれあうなかで、研究者として何を生み出すべきか、そのような根源的な問いにも思いを巡らすことになった。
 在外先で感じた「意見を交わす」ことの大切さについてはすでに別に書き記すことができたので(注1)、ここでは研究者にとって「書く」ことの意味について、考えてみたい。

なぜ書くのか
 研究者の卵になった頃,指導教官から「検索に頼るな」と薦められたこともあって図書館の書庫に入り浸ったことがある。数百万を数える書物,そして聞いたこともない洋雑誌の山を前に、研究を活字にするための媒体がこれほどまでにあるのかと,埃くさい書庫の中で驚きを禁じ得なかった。当時の感慨を、さらにスケールの大きい在外研究先の図書館で思い出すことになった。
 そして,至極あまり前のことに——書き残すことでこそ研究者は時空を超えて議論をぶつけられることに——気づかされた。
 もし書かなければ,万巻の書を読んだとしてもそこから生み出された新たな知見を世の中に伝えることはできない。在外先では萌芽期の研究に意見を交わし合うための場が多くあったことにも驚かされたが、意見を交わす場は聴衆が限られ、また記録を残すことがあってもそれは主たる目的ではない。書くことによって考え方は正確に残すことができ,何よりさらに多くの専門家からの批判と検証を受けることになる。それが短い形であっても、または電子的な形でも,異なる解釈、データを残すことは重要だ。
 言語脳科学者の酒井邦嘉の言葉を紹介したい。「研究もまた自分らしい個性の表現なのである。このように考えれば,研究者のめざすものは芸術家のめざす自己表現となんら変わらない。」(『科学者という仕事』より)
 もちろん書くことは責任を伴う。研究者は学術研究をしたもの以外,活字にはしてはならない。批判に対して十分に反論をする材料を持てないのであれば,それを書くことは研究者として無責任としか言い様がないからだ。研究者がその肩書きでコメントをすると、「権威」を利用することでそれなりのものとして一般社会に受け入れられることがある。SNSの流行はその傾向に拍車を掛けている。
 在外先で同世代の研究者が専門性への使命感と社会への責任感のために学究に専念している様を目の当たりにし、論文の質を高めることこそ研究の王道であり、書くことが研究者として背負うべき責任だということを改めて痛感することになった。

預金を引き出して書くのか、貯金をするために書くのか  
 ここからが次のポイントだが、果たして私たち研究者は何を書き残すべきなのだろうか。今やっている研究に決まっているではないか、と反論されそうだが、ここで問題にしたいのはそのアプローチであり、とらえ方のようなものだ。
 私たちはややもすると、長年研究を蓄積し、「預金を引き出すように」書くことが研究ととらえがちである。
 たしかに、大きく預金を引き出して書くべき時はある。十年、二十年と時間を費やしてきた研究を出版する、これはまさに預金を引き出した出版のやり方で、素晴らしいことだ。
 しかし,再び自戒を込めていえば、避けるべきは小さく預金を引き出して書く行為ではないだろうか。研究者としてのそれまでの蓄積を利用して、幾ばくかの追加的な研究で新たな成果を作ってしまうことは安易な道といえる。
 在外先で出会った多くの客員研究者は、研究の幅を広げるため新しいことに常にチャレンジしていた。そこから刺激を受けた私は、書くことにはもう一つのパターンとして「貯金をするために」書くこともあり得るのではないか、と思うに至った。
 (いわゆる文系研究者にとって)書くという行為は,その過程そのものが勉強になる。もともとその論文を書こうと思ったときに、すでに中核となる議論は存在していることも多い。しかし論文をまとめるため、数週間や数ヶ月にわたって関連論文を読み込み、ノートを書きためていくと、様々な発想が生まれくる。
 この1年,書く行為のなかで最も重視していたのは,この追加的な、当初想定していなかった発想を大切にする,ということだった。
 たしかにその時間は回り道のようにもみえ,目の前の出版にとって本質的ではないかも知れない。しかし,自分の今の最大の関心事のごく周辺にある議論は,まさに自分の次の関心事に大きな刺激を与えるものかも知れない。
 そう考えるに至って,それまであまり手に取らなかった文献にも積極的に手を伸ばすようになった。集団的自衛権の問題について論文を作成するに当たって、正戦論やアフリカの紛争研究を読み直した。米中関係の研究では19世紀まで遡り文献を漁った。社会心理学など全く異なった分野の研究にも手を伸ばした。時間は限られていても、少しでも気になったものを一読してみる、または少なくとも心の余裕が出来たら手を伸ばせるところに置いておく。それが「未来」の自分の研究への投資となる。
 しかし、読んだだけでは貯金になりづらい。人間は忘れやすく、研究者も例外ではないからだ。
 メモに残された発想をどのように効率的に残すべきか、「貯金の方法」がこの一年の課題だった。手で書いたメモはすべて撮影し,思いついたことはどんどんとタイプし、Evernoteに記録を残すようにした。発表した文章にはあらゆるところに今後の研究課題を忍ばせた。もちろん、新しい着想から文章を作りだし、新たに発表することもあった。論文という形式を取らずとも、書評や電子版の媒体、会議用ペーパーなど様々な形で文章を発表する機会はある。とくに英語の電子版は多く、それを積極的に活用した。
 書くとは、研究者にとって極めて多くの時間を費やす行為だ。最後に大きく引き出すためにも、貯めるために書き残すという目的はもっと理解されてよいのではないだろうか。特に自然科学の世界では当たり前のことと思われるかも知れないのだが、政治学や法学の研究者も、預金を(大きく)引き出して書くだけでなく、貯めるために書くことも発想の転換として考えてみてはどうだろうか。
 冒頭に引用した酒井の言葉は、長谷川修司による近著『研究者としてうまくやっていくには』で知ったのだが、長谷川の書はこれもまた興味深い、彼の恩師の言葉を私たちに伝えてくれている。
 「研究とは,マラソンを走りながらおにぎりを食べているようなものだ」
 兵糧をどのように作るべきか。そのためにはがむしゃらな努力に加え、一工夫も必要ではないか。

注1)筆者は2014年4月より15年3月まで,長期在外研究員としてスタンフォード大学アジア・太平洋研究センターに在籍した。同大学の研究生活(とくに意見を交わす重要性)については,神奈川大学アジア研究センター,ニュースレター第3号にて紹介した。