So-net無料ブログ作成
検索選択

スタンフォード日記のおまけ [スタンフォード日記]

昨年の今頃、勤務先のニュースレターに書いたものが今週活字になりました(驚)。
以下に記録のため原稿を転載したいと思います。在外で行っていた研究に評価を頂き、神奈川大学学術褒賞を受賞しました。研究と向かい合う姿勢に同僚、所属先から評価を頂けるとはありがたいことです。

在外研究で考えたこと
 昨年度、在外研究という,まったく自由な,研究のためだけに使える365日を与えられた。一年の間,大量に読み,意見を交わし,そして書く日々を過ごした。様々な分野と世代にわたる研究者とふれあうなかで、研究者として何を生み出すべきか、そのような根源的な問いにも思いを巡らすことになった。
 在外先で感じた「意見を交わす」ことの大切さについてはすでに別に書き記すことができたので(注1)、ここでは研究者にとって「書く」ことの意味について、考えてみたい。

なぜ書くのか
 研究者の卵になった頃,指導教官から「検索に頼るな」と薦められたこともあって図書館の書庫に入り浸ったことがある。数百万を数える書物,そして聞いたこともない洋雑誌の山を前に、研究を活字にするための媒体がこれほどまでにあるのかと,埃くさい書庫の中で驚きを禁じ得なかった。当時の感慨を、さらにスケールの大きい在外研究先の図書館で思い出すことになった。
 そして,至極あまり前のことに——書き残すことでこそ研究者は時空を超えて議論をぶつけられることに——気づかされた。
 もし書かなければ,万巻の書を読んだとしてもそこから生み出された新たな知見を世の中に伝えることはできない。在外先では萌芽期の研究に意見を交わし合うための場が多くあったことにも驚かされたが、意見を交わす場は聴衆が限られ、また記録を残すことがあってもそれは主たる目的ではない。書くことによって考え方は正確に残すことができ,何よりさらに多くの専門家からの批判と検証を受けることになる。それが短い形であっても、または電子的な形でも,異なる解釈、データを残すことは重要だ。
 言語脳科学者の酒井邦嘉の言葉を紹介したい。「研究もまた自分らしい個性の表現なのである。このように考えれば,研究者のめざすものは芸術家のめざす自己表現となんら変わらない。」(『科学者という仕事』より)
 もちろん書くことは責任を伴う。研究者は学術研究をしたもの以外,活字にはしてはならない。批判に対して十分に反論をする材料を持てないのであれば,それを書くことは研究者として無責任としか言い様がないからだ。研究者がその肩書きでコメントをすると、「権威」を利用することでそれなりのものとして一般社会に受け入れられることがある。SNSの流行はその傾向に拍車を掛けている。
 在外先で同世代の研究者が専門性への使命感と社会への責任感のために学究に専念している様を目の当たりにし、論文の質を高めることこそ研究の王道であり、書くことが研究者として背負うべき責任だということを改めて痛感することになった。

預金を引き出して書くのか、貯金をするために書くのか  
 ここからが次のポイントだが、果たして私たち研究者は何を書き残すべきなのだろうか。今やっている研究に決まっているではないか、と反論されそうだが、ここで問題にしたいのはそのアプローチであり、とらえ方のようなものだ。
 私たちはややもすると、長年研究を蓄積し、「預金を引き出すように」書くことが研究ととらえがちである。
 たしかに、大きく預金を引き出して書くべき時はある。十年、二十年と時間を費やしてきた研究を出版する、これはまさに預金を引き出した出版のやり方で、素晴らしいことだ。
 しかし,再び自戒を込めていえば、避けるべきは小さく預金を引き出して書く行為ではないだろうか。研究者としてのそれまでの蓄積を利用して、幾ばくかの追加的な研究で新たな成果を作ってしまうことは安易な道といえる。
 在外先で出会った多くの客員研究者は、研究の幅を広げるため新しいことに常にチャレンジしていた。そこから刺激を受けた私は、書くことにはもう一つのパターンとして「貯金をするために」書くこともあり得るのではないか、と思うに至った。
 (いわゆる文系研究者にとって)書くという行為は,その過程そのものが勉強になる。もともとその論文を書こうと思ったときに、すでに中核となる議論は存在していることも多い。しかし論文をまとめるため、数週間や数ヶ月にわたって関連論文を読み込み、ノートを書きためていくと、様々な発想が生まれくる。
 この1年,書く行為のなかで最も重視していたのは,この追加的な、当初想定していなかった発想を大切にする,ということだった。
 たしかにその時間は回り道のようにもみえ,目の前の出版にとって本質的ではないかも知れない。しかし,自分の今の最大の関心事のごく周辺にある議論は,まさに自分の次の関心事に大きな刺激を与えるものかも知れない。
 そう考えるに至って,それまであまり手に取らなかった文献にも積極的に手を伸ばすようになった。集団的自衛権の問題について論文を作成するに当たって、正戦論やアフリカの紛争研究を読み直した。米中関係の研究では19世紀まで遡り文献を漁った。社会心理学など全く異なった分野の研究にも手を伸ばした。時間は限られていても、少しでも気になったものを一読してみる、または少なくとも心の余裕が出来たら手を伸ばせるところに置いておく。それが「未来」の自分の研究への投資となる。
 しかし、読んだだけでは貯金になりづらい。人間は忘れやすく、研究者も例外ではないからだ。
 メモに残された発想をどのように効率的に残すべきか、「貯金の方法」がこの一年の課題だった。手で書いたメモはすべて撮影し,思いついたことはどんどんとタイプし、Evernoteに記録を残すようにした。発表した文章にはあらゆるところに今後の研究課題を忍ばせた。もちろん、新しい着想から文章を作りだし、新たに発表することもあった。論文という形式を取らずとも、書評や電子版の媒体、会議用ペーパーなど様々な形で文章を発表する機会はある。とくに英語の電子版は多く、それを積極的に活用した。
 書くとは、研究者にとって極めて多くの時間を費やす行為だ。最後に大きく引き出すためにも、貯めるために書き残すという目的はもっと理解されてよいのではないだろうか。特に自然科学の世界では当たり前のことと思われるかも知れないのだが、政治学や法学の研究者も、預金を(大きく)引き出して書くだけでなく、貯めるために書くことも発想の転換として考えてみてはどうだろうか。
 冒頭に引用した酒井の言葉は、長谷川修司による近著『研究者としてうまくやっていくには』で知ったのだが、長谷川の書はこれもまた興味深い、彼の恩師の言葉を私たちに伝えてくれている。
 「研究とは,マラソンを走りながらおにぎりを食べているようなものだ」
 兵糧をどのように作るべきか。そのためにはがむしゃらな努力に加え、一工夫も必要ではないか。

注1)筆者は2014年4月より15年3月まで,長期在外研究員としてスタンフォード大学アジア・太平洋研究センターに在籍した。同大学の研究生活(とくに意見を交わす重要性)については,神奈川大学アジア研究センター,ニュースレター第3号にて紹介した。

学会報告 [雑感]

今週末に行われる、日本国際政治学会の報告ペーパーを個人HPにアップしました。(Dropbox公開フォルダー経由でのダウンロードが始まります。)

下記からもダウンロードできますので、学界およびご関心の方はダウンロードをお願いします。大会HPへは報告後にアップロードされる見込み(19日前後)ですので、ここに公開するとともに、当日は70部ほどペーパーを配布します。

学会報告ペーパー「アメリカは中国の権力をどのように捉えているのか」日本国際政治学会2016年度部会9(兼・公開講座)。

今学期のゼミ [雑感]

後期の始まり、ゼミ教材の選定です。

2年生と3年生。色々考えたのですが、

2年生(今学期から開始)は少し教科書を扱ったあとに、船橋洋一先生の『21世紀地政学入門』にしました。これは今の世界情勢をみるために必要な視角を提供してくれます。さすがだと思います。そのあとに『貧乏人の経済学』の一部や地域紛争の本、日本の安全保障の論文などを少しずつ扱おうかなと思います。

毎週、新聞記事報告というエクササイズもします。これについては、神奈川大のJINDAI STYLEという雑誌のゼミ紹介で書いてもらったことがあるので、もしご関心のある方は今年春の同紙を大学HPから呼んで頂ければ。ビブリオバトルと並び、ゼミ名物としています。

3年生のゼミは、夏休みの宿題として「シンゴジラ」鑑賞。そのあと、瀧野記者による『沈黙の自衛隊』を読み、白樫三四郎「集団の愚かな意志決定」(グループシンク・集団的浅慮に関する論文)を読んだ後に、古典にチャレンジということで、キューバ危機に関する名作『決定の本質』の新訳をやろうと思います。

防衛政策とその政策決定(とくに危機管理)について勉強する、というのが底流に流れるテーマです。

3年生は前期に多様なテーマの新書を読み、アクティブラーニング方式(教授は後ろから見守る)ひたすら議論するということをしました。基礎体力もできてきたので、専門書に挑戦です。

よいゼミになりますように。

---
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校での講演写真を学生が送ってくれました。o(^-^)
聴衆との距離がある時は歩いて近づく、というクセがよく分かります笑

P1019690 (2).jpg

P1019694c.jpg

全米周遊 [遠征日記]

11泊をかけて全米8都市を回ってきました。米社会科学評議会(SSRC)のお仕事です。

1.ダーラム:Duke、ノースカロライナ大(チャペルヒル)
2.グリーンズボロ:ノースカロライナ大
3.ワシントンDC:Pew Research, New America, CRS, Wilson, WRI
4.フィラデルフィア:Pew Trust
5. デトロイト:都市視察
6.アナ—バー:ミシガン大
7.パロアルト:スタンフォード
8.サンフランシスコ:SPUR

今回は都市とコミュニティ再開発、人口問題の専門家2名を各地に紹介することが目的の旅で、僕の役割は基本的にステージマネージャー。色々あってノースカロライナでは2回ほど講演もしました。

そんな事情で面会先も都市問題・家族政策関係が多いため、学びの多い旅で、毎日が新たな発見の連続でした。Pewのリサーチ部門も本体の基金にも行けましたし(ゴージャスなオフィスです)、女性問題で高名な本を書いているジャーナリストにも会えました。

ノースカロライナ大学では上智での教え子が偶々交換留学で滞在しており、再会を喜びました。写真忘れてしまいました。グリーンズボロ校にも訪れ、こちらも素晴らしい学校で、日本クラブの学生たち(日本人ではない)に大歓迎されました。

移動ばかりで、7本・計34時間のフライトとなり、退院明けで辛いところもありましたが、同行者がいると色々と精神的にも助けられます。帰国した日から大学に出勤、後期開始です。プレゼミ3名という衝撃の人数だった佐橋ゼミ(←シラバスで脅しすぎた)は、無事に16名となりました。( ・∀・)

14390917_10157473099760582_4546672562181032351_n.jpg

Duke大学(南部でもっとも傑出した大学)
14370181_10157473100195582_6243041499652164978_n.jpg

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校 日本を学ぶ学生が多く、暖かいおもてなしをうけました
14359166_10157473100405582_403218120477823520_n.jpg

古巣・スタンフォード大学
14433098_10157473102960582_4000091926837252000_n.jpg

デトロイト GM本社 とりあえずデカい
14358894_10157473101770582_7006972247243000276_n.jpg

サンフランシスコで都市問題を扱うシンクタンクSPUR 自社ビルがあまりにかっこいい
14372306_10157473102425582_1746145802486857876_o.jpg

上海 [遠征日記]

8月1日から4泊5日かけて上海に行ってきました。同済大学の門洪華院長以下、政治・国際関係学部に何から何まですっかりとお世話になりました。

同済・復旦・上海外大・上海国問研での研究者・学生との交流、澎湃新聞国際部への訪問では、膝を突き合わせて1時間半以上、さらに多くの場合その後に食事もあるとなれば、かなりのことが話せます。国際会議とは違った雰囲気で、こういう風に交流することの重要性を再認識。(帰国直後から尖閣周辺で悪いこともいいことも起きていますが、この時期は南シナ海に関する仲裁裁判やG-20杭州、米大統領選がより大きな関心だったと思います。)

13876149_10157236360530582_2649929965530140709_n.jpg

【旧フランス租界で懇談した記者の皆さんと】

13880176_10157236359835582_2695389591759894612_n.jpg

【同済大の学生さんたち】

「社会科見学」として、自由貿易試験区、共産党第一次全国代表大会会場(博物館)、周荘(代表的な蘇州の水郷)も訪問。

話の内容は米中関係への悲観論も多かったのですが、そういうトレンドを越えた、ものの考え方を多く吸収しました。

食事は10食以上続けて、すべて中華。美味しくて食べ過ぎたのか、帰国日の朝に体調を壊し、ご一緒した慶応の中山先生や同済の鐘振明先生にご心配をかけてしまいました。おかげで1kg結果的に痩せるダイエットの旅にもなりました。

この出張に尽力してくださった関係者の皆さんに深く感謝します。

13932773_10157242259385582_2569617101081092827_n.jpg
【ホストの門院長、鐘准教授と】

恩師たちの出版 [雑感]

お世話になった恩師、恩人を思い出す機会が重なりました。

ICU時代の恩師、栗山先生。昨年4月の逝去から1年少し経ち、病床でも執筆を続けられた原稿を収めた『現代日本外交 軌跡と課題』が先月岩波から刊行。当時教科書だった『日米同盟 漂流からの脱却』もオンデマンドで再刊されました。先週末に外務省OB、現役で縁のある方々、教鞭を執ったICUと早稲田の関係者があつまり、マイクを回しながらの思い出話。ご家族の多くも学んだICUには栗山先生のメモリアルとなる平和研究の賞も設置されました。写真はご家族から分けて頂いた先生のネクタイとご著書、論文です。

FullSizeRender 19.jpg

退職後に私の客員先に移られ、様々にご一緒した若宮さんは本年4月に北京で急死されました。昨晩は帝国ホテルにて偲ぶ会。そして遺稿『ドキュメント 北方領土問題の内幕 クレムリン・東京・ワシントン』が配られました。北京の、釣魚台国賓館の大きな演壇に立ち、「日中韓に「同舟新聞」の夢」と題した講演をする直前でした。

IMG_3596.jpg

自分は本当に素晴らしい人に教わってきたのだなぁ、と思う一方で、大学教師として、果たして学生に、社会に十分に奉仕できているのかと反省の日々です。

また死の直前まで健筆を振るった、その姿勢にも多くを感じ取りました。

ということで、神大と一橋の学生に「ガツンとくる」ような試験問題をプレゼントして今学期を締めくくりました。

最近は大学での仕事も増える一方ですが、2ヶ月間、ゆっくりと物事を考えていこうと思います。

ラジオでの米中関係の解説 [雑感]

ラジオのスタジオに行ってみたい!というミーハーな気持ちで引き受けてしまい、夜8時からのJ-WAVE、Jam the Worldに出演して、「米中対立の構図:その本質とは何か」という解説を30分近くしてきました。

(実際の放送はこちらで聴けます[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)])
http://youtu.be/5irMRyK_-tI

ちなみに、一番大好きだったのはナック5の玉川美沙さんの番組でした。Nack With You時代がちょうど受験して大学生になるくらい。
スタジオで記念写真を撮って、大きな集音マイクの前でドキドキしながら座ってきました。
(テレビのときにない高揚感( ・∀・)



神奈川大学アジア研究センター [雑感]

勤務先では、3年2ヶ月前にアジア研究センターというものを作りました。私は当初から運営委員をしています。

設立記念の国際シンポに駆け回ったり、新しいオフィスへ移ったりとあっという間の3年余りですが、ようやく形になってきました。

とくに印刷物の「アジア研究レビュー」は充実しているので、ぜひご関心のある方にチェックしてもらいたいと思います。

若宮啓文さんには、生前、設立記念シンポの基調講演、そして昨年の日韓50周年シンポでの座長と繰り返し横浜までお越し頂けました。設立シンポのあとに一緒にすき焼きをつついたのを昨日のことのように思い出します。
若宮啓文「アジアの新時代 日本が問われるもの」(2013.12実施)
http://asia.kanagawa-u.ac.jp/pdf/asia-review/vol01/lecture1.pdf

日韓基本条約50周年シンポ(2015.12実施) 
http://asia.kanagawa-u.ac.jp/pdf/asia-review/vol03/report2.pdf
※若宮さんは第1部の座長。「生の声」を生前許可を頂いて(私が最後に直接お目にかかった際に確認したのです。。。)、掲載してあります。

私の研究グループからは珠玉の2本がでています。昨年でた増田論文はすでに引用多数となっています。玉置論文も出たばかりですが、博論の理論編をうまく切り出しています。

増田 雅之「パワー・トランジッション論と 中国の対米政策 ─「新型大国関係」論の重点移行─」
http://asia.kanagawa-u.ac.jp/pdf/asia-review/vol02/paper4.pdf
玉置 敦彦「同盟概念再考 ─揺れ動く国際情勢と日米同盟」
http://asia.kanagawa-u.ac.jp/pdf/asia-review/vol03/paper7.pdf

今年度から、私たちの研究グループは体制を拡充して、東アジアの安全保障秩序の研究班として出発しました。上記2名に加え、さらに学外から林載桓先生(青山学院)、湯澤武先生(法政)を迎えて、相当に強力なラインナップです。

7月にはロシアのアジア太平洋政策について、とても注目されている研究書の著者をお招きしての公開講演会を実施する予定です。詳しくはまたWebにて。

名称未設定.jpg



クアラルンプール:ASIA PACIFIC ROUNDTABLE [遠征日記]

(ムスダン発射失敗の当日に)クアラルンプールでのアジア・パシフィックラウンドテーブルで北朝鮮、中国の代表との討論パネルに参加しました。

参加者は北朝鮮の軍縮・平和研究所局長(外交官)、南京大学南シナ海研究所の朱峰所長、司会はヴェトナム外交学院の院長(代理)。

13335932_10156959620130582_4131686985500296287_n.jpg

写真をみるとお分かりになるように、ボクシングのリングか相撲の土俵か、というようなステージのうえで、他の分科会をがら空きにするほどの人が詰めかけての90分でした。観客も全員、この地域でプロとして活躍する国際政治学者やジャーナリスト、各国政府です。(ほぼ、政府の「代理戦争」のような。)

核放棄(並進路線の断念)を前提にする以外に対話再開はない、中国は国際社会の反応が厳しいことを自覚すべきだ、日米韓は役割大きいなどもっと強調すべきでしたが、北東アジア全体の議論を求められていたので、当初の攻めが足りなかった(最初に総花的に行き過ぎた、中国の先生が友人なので油断した)と反省中です。できは70点台。学者的に行き過ぎたかな、と。(それでよかったと言ってくれる聴衆もいたり。)

しかし、いい経験にはなりました。北朝鮮の外交官は最近数週間の北の動きを反映して、むしろ対話して欲しいムード満載でした。

APRはマレーシア戦略国際問題研究所、マレーシア政府と、ASEANの戦略国際問題研究所連合の共催で、今年で30周年。3百名を集める、大きな国際会議。首相、防衛大臣、ASEAN議長国外相なども来ていました。記念パネルをみていると、日本からは渡邉幸治元ロシア大使、田中均元外審、宮川眞喜雄マレーシア大使と私を育ててくれた方々が掲載されていました。

台北、イェール大、クアラルンプール、そして東京でスタンフォード主催会議の共催ときた怒濤の5月も終わりました。。ご迷惑をおかけしている方々、本当に申し訳ありません。これから一気に挽回します。

スタンフォードとの共催会議 [雑感]

ニューヨークからの帰国後は毎日のように、昼間に横浜と国立(一橋大)で講義、夜に東京で研究会のようなパターン。さらに夜に懇親会など。時差ぼけを感じる暇もありませんでした。

大切な友人の帰国だったり、今後の研究の相談だったり、久しぶりにお目にかかった海外の著名な方であったり、どれもが素晴らしかったのですが、一番大変で、同時に一番充実感のあったものは古巣・スタンフォード大学アジア太平洋研究センターと共催した国際会議です。

IMG_3797.JPG

カール・アイケンベリー(元アフガン大使、アフガン司令、陸軍中将)さん、マイケル・アマーコスト(元駐日大使)さんを核として、在日米軍や防衛省に派遣されている軍人、米大使館の面子を含めた20数名のアメリカ人部隊を、自衛官、多くの先輩・安全保障研究者、各省の室長クラスの方々で迎え撃ってもらいました。

このアレンジを、客員先のJCIEのF君と二人で必死に回した日々でした。久しぶりのロジ、という感じです。内容面でも、日米同盟の期待と現実、というタイトルの通り、たとえば同盟調整メカニズム(15ガイドラインで策定)や集団的自衛権をめぐる本質的な批評がでたり、普天間はじめ米軍基地の機能、防衛装備品調達などでも本質的な議論ができました。日米の対中認識のズレなども滲み出ていました。

翌日は、さらにアメリカ側のために会合をセット、締めくくりは石破大臣との議員会館での40分超にわたる議論でした。もちろん内容の詳細は書けませんが、石破先生の話は論理的で、また迫力があり、とても面白いものでした。

一〇年前、私が山本理事長のアシスタントをしていたとき、大きなロジはキッシンジャー博士の訪日同行でした。そのときにも石破先生とキッシンジャー博士の対話を目の当たりにしました。石破氏はそれ以外に面会した議員(多くは外交通で今でも偉そうな顔をしています)との格の違いをみせつけていました。福田元首相(当時は就任前)はさすがに同様に素晴らしかったのですが。

IMG_3799.JPG

今回の色々な機会を通じて感じたのは今の日米同盟の評価。おそらく現行憲法、安保条約の範囲内ではほぼ限界まで達成したのではないか。そのような意見に対して、いやまだできるという説を展開する人もいたということ。このあたりはよく考えていくと面白そうです。「平時からの競争」に求められるのは軍事的側面だけではないため、その意味での余地はまだあるのですが、制度としての同盟の中核にある軍事面では私もほぼ現行の枠内の限界という説が正しい気がしています。

これでほんの少しだけ一息を入れて、月末にクアラルンプールのアジア太平洋ラウンドテーブルへ出張です。この会議はマレーシア政府主催で、数百名が集うかなり大きめの会議ですが、今回は中国・朝鮮の代表と三人でパネルを組む、という何とも言えないミッションを帯びての登壇となります。。。

6−7月は出張もなく穏やかな日々を過ごせそうなので(日米でのシミュレーション1回くらいはあるにせよ)、あと一踏ん張り。